「発達障害ピアサポート サピア」に行ってきました

こんにちわ。

あなたは自分の生きづらさの理由に発達障害があるのかなって思ったり、
大切な人が発達障害なのかな、生きづらいのかなって思ったことありますか?

テレビや新聞でいろんな情報があふれる現代で、
自分や大事な人の課題に向き合わないといけなくなった時、
私たちはどうしたらいいのでしょう。

インターネット、テレビ、新聞で調べてるだけだと
余計不安になったりしませんか?

でも病院にいきなり行く勇気もなかったり、
大切な人に病院で受診を進めるのもセンシティブだったりしますよね。

そのような時は、当事者会に行ってみてはどうでしょうか。

「発達障害」、「当事者会」。

そのようにインターネットで調べたら、
関東圏・関西圏では比較的見つけることが出来ます。

でも。

いきなり申し込むのが不安だったり、
当事者だと決まってなかったらダメなんじゃないかって思ったり、
病院でグレーだって言われたから行けないってイメージがあったりしませんか?

そこで、私たちの団体で、協力してくださった
当事者会さんにお邪魔して情報をお届けします。

気になった団体さんがあったらぜひ行ってみて下さいね!

今回はサピアさんに行かせていただきました。

発達障害ピアサポート サピア

 

神奈川・東京・埼玉で成人の発達障害当事者のピアサポート(自助活動)を行っています。茶話会(交流会)をはじめ、勉強会やレクリエーション活動など、各地域ごとに月1~2回程度開催しています。

https://www.jpsapia.org/

 

■サピアさんの特長は以下です。

 

・会場:JR三田駅又は 駅の近く<ほかにも桜木町、大宮、小田原で開催中>
・時間 会場により異なる
・事前申し込み 必要
・グレーゾーンの方、参加可能
・当事者の周囲の方、参加可能
・参加費 無料
・男女比 日により異なる。
(私たちが参加した当日は4割程度でした)
・参加者数 日により異なる。
(私たちが参加した当日は20名程度でした)

 

■参加までの流れは以下になります。

 

申し込みの確認

皆で円になり、注意事項のアナウンス有り。

<ニックネーム、障害有無、来た理由、話したいこと>について共有.

話したいことを集約し、2グループに分ける。

各グループで語り合い

 

■行って見てわかった、サピアさんの良いところ

 

1 公共の施設を利用している
安心感があって、入りやすいです

2 運営がしっかりしてる
スタッフの方が注意事項をアナウンスしてくれるので安心です。
また、2時間できっちり終わるので見通しも立てやすいです

3 雰囲気が良い
和室という場所やスタッフの方の気遣いもあり、
色々な話をしやすい環境設定になっています。

ここからはレポートをお伝えします。

※筆者の個人的感想であり、当事者会の流動性からいつもこのような様子とは限らないことをご承知おきください。

筆者 やみぃ。属性 当事者 性別 女性

 

私たちが参加させていただいた会場は、三田駅近くの東京都障害者福祉会館。
公共性のある場所でした。

 

駅から10分ぐらい歩く場所で、地元の方の利用が多そうな施設だったので、迷いやすい人は早めに駅に着いた方がいいなと個人的には思いました。

 

ちなみに私は迷いました!笑

 

建物に着いた時、私たちは初めて行った場所だったので勝手がわからなかったのですが、施設の方は団体名をいうとすぐに部屋の場所などを教えてくださり、安心しました。

お部屋は和室!(女性の皆さん蒸れる靴は注意です!笑)

 

始まりの10分ぐらい前には、スタッフの方、常連の方を中心に受付机が準備され、

申し込んだ名前を告げてスタート。

 

最初は車座になって、自己紹介です。

 

その前に注意事項のアナウンスがあって、
・ニックネームを名乗ること
・限られた時間を分かち合うことの協力を
との事でした。

(ちなみに私は、この、ニックネーム制と自分一人で話し過ぎないように注意するアナウンスは凄くいいなと思いました。やっぱり、初めての場所で本名を話すのは女性としては少し怖いし、私は空気を読まずに一人で喋りすぎる傾向があるので、アナウンスされていたことで自制できたつもりです。苦笑)

 

自己紹介をしながら、周囲を見てみると、女性も4割ぐらいいて、それも安心さを増してくれました。女性は、割と、お友だちと一緒でしたが、男性は一人で来てます、という雰囲気の方が多いように感じました。

自己紹介中に、今日話したいテーマを出し合い、最後にスタッフの方がテーマを要約して2つになりました。ちなみにこの日は、雑談と仕事関連でした。私は雑談班にいたのですが、語り合って見ると、初めての方、一人で来た方、二回目の方など、皆さん色々でした。

 

あと、話し中は、お菓子を配ってくださる方などもいて終始アットホームな感じ、あっという間に2時間が過ぎおひらきになりました。ちなみに、私は雑談班にずっと居ましたが、仕事班と往き来する方もいて、色んな話題を聴くこともできます。

 

終わったあと、サピアさんにお話を聞いてみました。

 

Q:サピアさんの目指す会はどんな会ですか。
サピアに来たことで何かしらの生活のプラスになるような会にしたいと思っています。
たとえば、サピアに来れば、情報収集ができたり、友達が出来たり、他者とコミュニケーションをとる練習が出来たりする。また、話をするだけでも気分がほぐれる。
その為にも、サピアに来てもらえたらなと思います。

 

Qリピーターの方ばかりではないんですね!
リピーターは6割ぐらい。毎回違いますけれど。
初めての方も毎回います。特に三田は参加者も多いです。

 

Qお部屋はいつも和室?
和室の方がなごみやすい雰囲気が出るかなと思い、
出来るだけ和室にしています。

 

Qテーマはどんなものが多いんですか。
仕事、障害特性、薬、病院、雑談が多いですね

 

Q当事者じゃなくても、参加して見てもいいんですよね?
大丈夫です。支援者の方、当事者の周囲の方、職場の同僚の方、病院で診断のつかなかった方、まだ病院に行ってない方も、気軽に来てください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です